画ブレ、画面動の付け方について

   

アニメなどの映像で使われる『画ブレ』『画面動』と呼ばれるものついて説明いたします。

薫。(@kaorusevinfinit)さんの協力もあり、映像をお借りすることが出来ました。今回、その映像を使い説明していきます。使用ソフトは、AfterEffectsを使い説明していますが、そのほかの動画編集ソフトでも同じようなことが出来ます。

なお、正確に誰かに教わったというより、仕事上覚えたことなので若干ズレている可能性もありますので、ご了承ください。

『画ブレ』とは?

呼び方は色々とありますが、私の知っているところでは『画ブレ』『画面動』が一般的です。今回は『画ブレ』で呼称を統一します。

どんな物なのか?ということですが、実際に見た方が早いと思います。お借りした素材の都合上、『画ブレ』のあるところでは素材の解像度足りなくて、背景の黒みが見えていますが気にしないで!

画ブレ有りの方では、着地や攻撃の際に画面が揺れていたと思います。このように動画を振動させることで、臨場感や迫力を出すことが出来ます。

基本的に、調整のしやすさ、レンダリングのやり直しをする必要が無いので、AfterEffectsなどの動画編集ソフトで『2D』で動かすのが一般的です。アニメだと基本的に『2D』で動かしますが、よりリアルな揺れを表現したい場合は、『3D』上でカメラを揺らすこともあります。その場合は修正した後にレンダリングに時間がかかるため、ラフで出力してチェックするなどの工夫が必要となります。

『画ブレ』付けるためには、大きなサイズで出力

基本的に、最終出力のサイズより大きなサイズで3Dソフトからレンダリングをします。

たとえば、最終的に1280*720の映像にしたい場合は、大体は110%の1408*792でレンダリングします。その1割分が揺れる幅になります。足りない場合は、120%の1536*864などより大きなサイズでレンダリングします。

画ブレ時に必要な出力サイズの説明画像

足りない場合、110%→120%と変更した際に、100%内のレイアウトは変わらないよう、画角を計算して修正します。ちょくちょく変わる場合は、ツール化しておくと良いでしょう。または、大きく揺れるようなカットは、予め120%で出力しておくのも良いでしょう。

MMDでレイアウトを決める場合は、このようなエフェクトがあるのでうまく活用しましょう。

カメラ構図線エフェクト

https://bowlroll.net/file/19514

『画ブレ』のキーの揺れ方、キーの打ち方

キーの揺れ方、打ち方は、演出、見え方、フレームレートなどによって、毎回異なります。これといった正解は無いと思います。

一応、私の経験的なやり方としては、攻撃や着地などで揺れる際は、まずは一方向に動いてから、段々とランダムな動きになりながら、減衰するイメージでいつもキーを付けています。

大きな爆発などは、初めからランダムな動きを付けて、風圧でカメラが揉みくちゃにされているイメージで付けています。その時のカメラがどのように揺れるかイメージを持つことが重要だと思います。現実的にカメラが揺れないとしても。

あと、音が無くても、その揺れ方で音がイメージ出来るように付けています。

動画内からいくつか抜粋して、揺れ方のイメージを例として

画ブレの揺れ方イメージサンプル1

画ブレの揺れ方イメージサンプル1

画ブレの揺れ方イメージサンプル2

画ブレの揺れ方イメージサンプル2

画ブレの揺れ方イメージサンプル3

画ブレの揺れ方イメージサンプル3

画ブレの揺れ方イメージサンプル4

画ブレの揺れ方イメージサンプル4

AfterEffectsのモーションブラーの設定

ここから、ちょっとAfterEffectsでの設定をいくつか。

AfterEffectsでは移動した際などに、モーションブラーを付ける設定があります。ブラーが入ることで『画ブレ』の印象も変わるので、モーションブラーを付ける際は最初に行いましょう。

AfterEffectsでのモーションブラーの設定の画像

AfterEffectsでのモーションブラーの設定

AfterEffects揺れの強度の確認

AfterEffectsでは、グラフにて速度を確認することが出来ます。
速度の大きさがそのまま揺れの強さに見えるので、このグラフを見ることで減衰などを調整することが出来ます。

AfterEffects揺れの強度の確認の画像

AfterEffects揺れの強度の確認

テンプレートAEPの説明

今回使用したAfterEffectsのテンプレートAEPと上記の動画で使ったAEPをこちらにUPいたしました。使用したAfterEffectsのバージョンは、CC2014です。

2D_Shake_sampleAEP.zip

http://1drv.ms/1CdLrgi

ただ、上記の動画で使ったAEPの方は、使用した動画をそのまま配布するのはマズいので、動画は削除してあります。なので、Compを見てなんとなくこんな感じで動かしているだなー程度で見てください。

テンプレートAEPの方は、

110%で素材を重ねたコンポジション→100%サイズの『画ブレ』を付けるコンポジション

という感じで作っています。これを本来はカット毎に作って、最後にシーケンス状に並べて、カットを繋いでいきます。

直接、コンポジションを画ブレのアニメーションを付けても良いのですが、出来ればテンプレートAEPのようにNULLにアニメーションを付けて親子付けをして動かしましょう。差し替えが楽になったり、さらにNULLの追加、親子付けして、揺れの要素を分けたりすることが出来ます。

あと、見やすくなります。重要です。

最後に

実際に『画ブレ』を付けると結構な手間ではありますが、それに見合うだけの効果はあると思います。特に、アクションカットでは!

以前から、記事にしようとしてましたが、見本となる動画を作ることで出来ないでいました。今回、薫。(@kaorusevinfinit)さんの協力あって、なんとか記事にすることが出来ました。本当は、画ズレの付け方を1からもっと詳しく記事にしても良かったのですが、使用ソフトの違いもありますし、2Dで付けるか3Dで付けるかによってもアプローチの仕方が異なると思います。ただ、こういう表現あるというのだけでも知るだけでどっかで役に立つかも?個人的には、こういう表現が広がってくれたら嬉しいです。

何か質問や突っ込みどころがあれば、下っ腹P(@meshi_dane)かメールまでよろしくお願いします。

 - MMD , ,

  関連記事

第三回MMD意見交換会の開催決定と協力者の募集

狙っていた会議室の予約がかなり埋まっていましたので、早々に決めました。 第3回M …

池袋駅到着後の第3回MMD意見交換会会場への行き方

第三回MMD意見交換会も、あと1ヶ月半を切っても開催まであとわずかになりました。 …

アンケートアイキャッチ1
MMD使用者向けアンケート実施中! 10月末まで!!

思いつきで、MMD使用者向けのアンケートを作りました。興味があれば、回答や拡散を …

第1回MMD作業オフ会 in 池袋を開催します!!

さっぱり更新していませんでしたが! が! 今年の11月に池袋で、MMD作業オフ会 …

第14回MMD杯でコンテンツツリー登録してくれた動画

台湾からの投稿テストの兼ねて、久しぶりにの更新になります。 気がついたら、第14 …

第2回関東MMDミニ勉強会 in 渋谷の開催

タイトル通り、 第2回関東MMDミニ勉強会 in 渋谷 を開催します。 この記事 …

第3回東北MMD勉強会の下手と上手のお話について

ちょっとお仕事忙しかったりで、すっかり更新が途絶えてしまいました。 今回は、先日 …

第2回関東MMDミニ勉強会で使用した動画

先日行いました第2回関東MMDミニ勉強会が無事に終了しました。 そこで、参加者に …

MMD意見交換会を終えてのアンケート

先日、MMD意見交換会を行いました。体調を崩していたために記事にするのが遅くなり …

no image
MMD意見交換会の開催のお知らせ

MMD意見交換会を開催致します! 詳細と参加はこちらからお願いします。 MMD意 …